無料 SEOばちゃんのSEO対策!


ホーム > 外部対策 >

コメントとトラックバック

自サイトへの被リンク(バックリンク)の獲得方法として、他者のブログに装備されたコメントやトラックバックを活用すると言う方法が考えられます。いとも簡単に被リンクを獲得できるように思えるこれらの方法は、いったいどれぐらいのSEO効果があるのでしょう?

トラックバックスパムとrel="nofollow"属性

トラックバックによる被リンクの獲得は、ブログと言うものが世に広まり始めた当初に爆発的にブームとなりました。ところが、トラックバックURLを記事に貼り付けるだけで、あまりに簡単に他人のブログから被リンクを獲得できるというこの方法を悪用して、関連のない記事へトラックバックの送信したり、いくつものブログに闇雲にトラックバックを送信するという、スパムまがいのSEOが横行したのです。

こうなると検索エンジン側も黙ってはいません。特に、外部サイトからのリンクに依存したアルゴリズムを採用するGoogleにとっては、検索エンジンの品質に関わる一大事だったのです。そこで、Googleが打ち出した対応策が「rel=nofollow属性」です。

「rel=nofollow属性」とはアンカー(リンク)タグに埋め込む属性で、この属性が付けられたリンクはクローラーにクロールされません。つまりリンクとして扱われないし、ページランクの集計にも影響しないのです。ブログテンプレートのトラックバック用アンカーに「rel=nofollow属性」を埋め込むことで、トラックバックによるリンクを、SEO的には全く意味のないものとすることができるのです。

現在では

この対応が功を奏してか、現在ではトラックバックによるスパムまがいのSEOは一応、沈静したと言えます。ところが、トラックバックによるSEOは全く意味が無くなったのかと言うとそうでもないのです。実は、日本にあるブログホスティングサービスは、「rel=nofollow属性」を実装していない場合が多いのです。FC2ブログ、シーサーブログ、JUGEMなど大手のホスティングサービスのブログテンプレートに「rel=nofollow属性」は実装されておらず、ユーザー側で装備しない限り、トラックバックは通常のリンクと同じように扱われます。

SEOに無知なブログユーザー、いや知識があったとしても、トラックバックスパムが沈静化した今では、「rel=nofollow属性」を実装している例のほうが少なくなりました。つまり、ブログホスティングサービスを利用しているほとんどのブログについては、まともな被リンクが獲得できると言うことです。

クローラーが被リンクとしてカウントしている以上は、それなりのSEO効果が期待できるわけで、当初の目的通り、関連のあるブログ記事にトラックバックを送信するなどしてリンクの関連性を強めていくと言う対策も、十分に価値があるのです。

コメント

トラックバックと同様に、コメントに埋め込まれたリンクも、「rel=nofollow属性」が付いていない限りは、被リンクとしてカウントされます。しかしこれは、トラックバックほどのSEO効果を期待できるものではありません。

コメントからのリンクといえば、ハンドルネームがアンカーテキストになるのが一般的で、これはアンカーコンテキストマッチ(リンクテキストとリンク先の関連性)の視点からあまり好まれたものではありません。また、コメントからのリンクに限った事ではありませんが、コメントを付けたブログ記事と、自サイトとの関連性が乏しければ、ほとんど評価は得られず、SEO効果は塵に等しいと考えられます。

ただし、全く効果が無いとは言い切れず、塵も積もれば山になるほどの対策をすれば、それなりになるのかもりれません。


現在地: ホーム > 外部対策 > コメントとトラックバック
SEOばちゃん
seoばちゃん

※このサイトは2009年から運営しています。
古くなった情報はメニューに(古)が記載されています。