無料 SEOばちゃんのSEO対策!


ホーム > モバイルSEO >

レスポンシブWebデザインは有利か?

PCやタブレットのように大きさのあるスクリーンと、スマートフォン等の小型スクリーン両者に対応するには、別URLで個別にページを用意する方法とレスポンシブWebデザインでコーディングする方法があります。

この2つの方法は、SEO的な観点からどちらが良いのでしょう?メリット、デメリットを解説します。その前に、よくある勘違いについて触れておきたいと思います。

Googleが推奨している=SEOに強い、は間違い。

「GoogleがレスポンシブWebデザインを推奨している=レスポンシブWebデザインはSEOに強い」と判断してしまうのは実は大きな間違いです。

確かにGoogleはホームウェブマスター向け公式ブログの中でレスポンシブWebデザインを推奨しています。推奨している理由をよく読んでみましょう。

・PC 用のページとモバイル用のページを単一の(同一の) URL とすることができるため、ユーザーにとってはシェアやリンクが容易であり、Google のアルゴリズムにとってはコンテンツを適切にインデックスできるようになります。
・ユーザーエージェントの異なる Googlebot ごとにページをクロールする必要がないため Googleがより効率的にコンテンツを発見することができます。

これを紐解くと、レスポンシブWebデザインはクロールとインデックスが容易になると解釈できます。Googleが推奨している理由はどちらかというと、「Googlebotのためにそうして下さいね」って言っているのです。

さらに要約するとGoogleからのお願いは次のようになります。
・Googleのアルゴリズムがコンテンツを適切にインデックス出来るようにしてね。
・Googleがより効率的にコンテンツを発見出来るようにしてね。

2つのお願いを叶える

何が言いたいかというと、この2つのお願いを叶えてあげれば、レスポンシブWebデザインでなくても良いのです。
もちろん、別URLで個別にページを用意した場合は、URLを正規化したり、ユーザーエージェント(User agent)により適切にページを振り分けたりする技術が求められるわけで、その必要がないレスポンシブWebデザインは手軽で簡単と言えます。

しかし、別URLで個別にページを用意するSEO上のメリットがあり、レスポンシブWebデザインにもSEO上のデメリットがあるという事も考慮しなくてはなりません。

十分な知識を持たないならレスポンシブWebデザインを

筆者は、PC/モバイルにそれぞれ、別URLで個別にページを用意するSEO上のメリットを生かし、尚且つGoogleからの2つのお願いを叶えた場合、鬼に金棒!だと思っています。 ただし、それはやはり上級者向けだと言わざるを得ません。クロールとインデックスの技術を正しく理解していないと、被リンクの分散や間違ったリダイレクトを招く危険性がありSEOに悪影響を及ぼす可能性があります。

SEOについて十分な知識を持ち合わせないうちは、レスポンシブWebデザインを推奨したいと思います。 それでは、別URLで個別にページを用意する場合と、レスポンシブWebデザインでは実際にどのようなメリット、デメリットがあるかについて、次回詳しく解説します。


現在地: ホーム > はじめに > 管理者プロフィール
SEOばちゃん
seoばちゃん

※このサイトは2009年から運営しています。
古くなった情報はメニューに(古)が記載されています。