無料 SEOばちゃんのSEO対策!


ホーム > 内部対策 > ページ全体の最適化 >

論理構造の見直し

HTMLの論理構造とは?

HTMLの論理構造とは?タイトル、見出し、段落などを、実際の見た目ではなく、それぞれ対応するタグを用いて記述したHTML文書内の構造のことを言います。(←うまく説明できんかった)検索エンジンのクローラーが正しくページを読み取るためには、HTMLの論理構造きちんと最適化しておく必要があります。

論理構造の基本

ある程度のコーディングができる方には、既に当たり前の知識かもしれませんが、HTML文章の基本構造を少しおさらいしておきたいと思います。

HTML文章の基本構造を極めて単純に書くと、次のようになります。

<html>
<body>
<h1> 大見出し </h1>
<p> 段落1文章 </p>
<h2> 小見出し </h2>
<p> 段落2文章 </p>
<p> 段落3文章 </p>
</body>
</html>

ちょっと簡単すぎますが、基本はこの形。後はレイアウトを作るためにタグを足していくか、CSSによってデザインを指定していきます。実はHTMLの論理構造の最適化は、この基本形をいかに崩さないか、ただそれだけに尽きると言えます。この形こそクローラーが最も読みやすい形だからです。レイアウトタグやデザインを加える際、どれぐらい基本形を残せるかがSEO技術者の腕にかかっているのです。

論理タグのルール

このまま終わると顰蹙を買いそうなのでもう少し・・・論理タグには幾つかルールがあります。論理構造の最適化を行うにあたり、最低限守らなくてはいけないルールについて解説します。

ルール1 <h1> は一回のみ

見出しタグは <h1> 〜 <h6> までありますが、このうち <h1> だけはページ内で一回しか使用することができません。 <h1> 以外の見出しタグは何回でも使うことができます。

ルール2 見出しタグは順序良く

<h1> 〜 <h6> 見出しタグは数字の低いものから順番どおりに使わなくてはいけません。ページ内に <h1> を記述していないのに <h2> や <h3> を記述することはできません。

ルール3 入れ子、重ねの禁止

見出しタグ、段落タグどうしで、入れ子にしたり重ね合わせて使用することはできません。
<h1><h2>入れ子</h2></h1>
<h2><p>重ね</h2></p>

因みに、「重ね」に関しては見出しタグ、段落タグで無くても推奨されません。

などなど、論理タグには色々と制約があるわけですが、これらのルールを守らないとブラウザにページが表示されないかと言うと、そんなことは無く全然表示されます(笑)何度も書いてきましたが、SEOにおいてブラウザ上の見え方は関係ないのです。正しく表示されるからと言って慢心しないでください。ページ最適化とは、W3Cのweb標準に準拠する事に尽きるのです。


現在地: ホーム > 内部対策 > ページ全体の最適化 > 論理構造の見直し
SEOばちゃん
seoばちゃん

※このサイトは2009年から運営しています。
古くなった情報はメニューに(古)が記載されています。