無料 SEOばちゃんのSEO対策!


ホーム > 内部対策 >

ページ全体の最適化

検索エンジンのクローラーがページを読み取る時、ページの内容を正しく読み取れるようにページ全体を最適化しましょう。ここで言うページの最適化とは, デザインやコンテンツの見直しとは違います。HTML文書の文法、および論理構造の最適化です。クローラーはページのソース、HTML文書を読み取るわけですから、実際のページの見え方など全く関係がありません。

W3Cに準拠する

HTML文書の文法を最適化する際、最も大事なのは「web標準化団体W3C」の仕様を守ると言うことです。W3Cって何?っと思った人のために、W3Cがどういった機関なのかを少し解説したいと思います。

W3Cとは?

インターネットでは様々なユーザーが様々なブラウザを用いてサイトを閲覧しています。ブラウザによってHTML文書を読み取る仕様が違いますから、サイト製作者が丹念に作りこんだサイトでも、製作者と異なるブラウザでサイトを閲覧するユーザーには正しく見れないかもしれないのです。

丁度、日本語の「方言」をイメージしてもらえればわかりやすいと思います。地方の「方言」というのは、同じ地域、あるいは同じ地域の出身者には通じても、違う地方では通じません。同じように、特定のブラウザで正しく表示されるHTML文章も、異なるブラウザでは通じないかもしれないのです。

そこで、W3Cと言う機関が、どのブラウザにも通じる標準語、「web標準」制定し、サイト製作者はできるだけ標準語を用いてHTML文書をコーディングするよう推奨しているのです。

W3Cが推奨する「web標準」に準拠することは、SEOの分野においても非常に重要といえます。なぜなら、検索エンジンのクローラーは「web標準」を好むからです。クローラーが確実に読み取る事ができる、W3Cに準拠したページは、検索エンジンから正しい評価を得られ、インデックス化、しいては上位表示につながります。

それでは実際にページ全体の最適化の方法を解説して行きたいと思います。
物理タグの排除
論理構造の見直し


現在地: ホーム > 内部対策 > ページ全体の最適化
SEOばちゃん
seoばちゃん

※このサイトは2009年から運営しています。
古くなった情報はメニューに(古)が記載されています。