無料 SEOばちゃんのSEO対策!


ホーム > 内部対策 >

alt属性の最適化

alt属性とは?

alt属性とは、imgタグ等につける属性で、「代替テキスト」という意味を持っています。インターネットは様々なブラウザや環境で閲覧されていますので、画像が表示できない環境や、見ることができない閲覧者を想定し、画像と等価なテキストを記述して事が奨められています。

SEOの視点から見たalt属性

上記で述べたように、alt属性による画像の補足はユーザービリティの視点から必須となりつつあります。それではSEOの視点からはどうなのでしょう?SEO関連の参考書やサイトを見ると、alt属性に画像と等価なテキストを記述しておくことは、SEOの視点からも好ましい、という考えが強く広まっているように伺えます。この考えは、一応正しいと言えます。

ここで、「一応」と言う皮肉な言い方をしたのには少しわけがあります。alt属性によるSEO対策(?)はあまりに簡単にできる事から、ネタだけが一人歩きしたのか、alt属性に上位表示したいキーワードを詰め込むと言う、何とも雑なSEOが横行しているからなのです。

誤解が多いようですが、alt属性にキーワードを詰め込む事で、直接的に順位が向上することはありません。alt属性を正しく記述する事が、SEOの視点からも好ましいというのは、あくまでクローラービリティ、つまり画像で表現された情報を読めないクローラーに対して、正しくページの内容を伝える事ができるからなのです。ですから、alt属性に入れるテキストは過剰なキーワードではなく、本来の目的どおり画像と等価なテキストであるのが好ましいのです。

alt属性を嫌う技術者も

alt属性がSEO対策としてほとんど意味を持たないとなると、alt属性を嫌う声も出てきます。alt属性にキーワードを入れても、順位は向上しない。alt属性に画像と等価なテキストを入れると、キーワードマッチング性が薄れる。条件によってはペナルティを喰らう可能性もある。とくればalt属性を厄介に思うのもうなずけます。そのような理由から最近ではalt属性の中を空にする、 [alt=""]という方法を使う技術者も増えてきました。苦肉の策と言った所ですが、はっきり言ってこんなのはお話になりません。

alt属性の中を空にすれば、結局、画像の情報をクローラーに伝えることはできないわけで、alt属性を記述しないのと等しいのです。クローラービリティを考えれば、alt属性は正しく記述する事が好ましいのです。

しかしすべての画像情報をクローラーに読み取ってもらいたいかといえばそうでもないですね。メニューに付けられたアイコン等、ページのコンテンツと関わりのない画像もあります。実際、alt属性の中を空にする、 [alt=""]という方法は、そのような関係のない画像に多く用いられているようです。その辺の対策については、事項で詳しく解説したいと思います。


現在地: ホーム > 内部対策 > alt属性の最適化
SEOばちゃん
seoばちゃん

※このサイトは2009年から運営しています。
古くなった情報はメニューに(古)が記載されています。